2016年01月02日

WindowsPhone10+Azureで Push通知 その2

前回は通知に関してメモをしましたが、今度は個別通知方法でも

アプリ側サンプル
            string[] userTag = new string[2];
            userTag[0] = "user:User";
            userTag[1] = "group:System-Ni";
            var channel = await PushNotificationChannelManager.CreatePushNotificationChannelForApplicationAsync();
            var hub = new NotificationHub("*****Hub", "Endpoint=sb://*****"/;SharedAccessKeyName=DefaultFullSharedAccessSignature;SharedAccessKey=*****");
            var result = await hub.RegisterNativeAsync(channel.Uri, userTag);  // ←userTagに受け取り条件を入れる

大抵ユーザIDを入れておくと引っかかるはず。

送信側サンプル
            string[] userTag = new string[1];
            userTag[0] = "group:System-Ni";

            NotificationHubClient hub = NotificationHubClient
                .CreateClientFromConnectionString("Endpoint=sb://*****/;SharedAccessKeyName=DefaultFullSharedAccessSignature;SharedAccessKey=*****", "*****Hub");
            // 通常用
            var toast = @"<toast><visual><binding template=""ToastText01""><text id=""1"">テストっす。</text></binding></visual></toast>";
            await hub.SendWindowsNativeNotificationAsync(toast, userTag); // ←userTagに対象者

userTagは日本語NG、記号も一部駄目なものがあるみたいなので注意です。

全体送信はuserTagを外すとか空文字をセットすればOKです。

送れるとこんな感じ
push通知結果.jpg

push_azure.jpg
ダッシュボードも変化します。

posted by N-Ikku at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171113362

この記事へのトラックバック