2017年11月17日

Ubuntu16.04.3 (Alternative)

先日MSI Trident3でubuntuが入らない件、解決しました。
安定のケアレスミス。
今回Alternative版で成功しましたが、多分日本語版でもうまく行った気がする

今考えたらLVMが入っていたので、それが原因で駄目だったのかもしれませんが。
別件で作成していたdebianディスクのlvremoveとかpvremoveとか使って解除したのち何とか入りました。

ということで何故か採掘。
採掘.png
あと、Redhat系が多いのでDevian系をいれたかったのもあるけど・・・
このPC、GPU(GTX1060ですし)は基本使っていないので、何かしら動かしていたいという思惑も

採掘で気を付けることとしては

・grubにnouveau.modeset=0追加したり (sshdを設定する前にこれを入れるとやり直しになる。。。)
・nouveauからnVidiaドライバに切り替え
service lightdm stop

をしてからドライバインストール
apt-get updateしたときにログインループになるケースがあるので、
そのようになったら再度インストールすれば直る(直った)

・Cudaをいれる。
sudo apt-key adv --fetch-keys http://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/ubuntu1604/x86_64/7fa2af80.pub

※この辺は他のサイトの方が分かりやすいので割愛

・VirtManagerからSpiceディスプレイで起動するとVM内のログイン画面でキーが利かなくなるので、VNC側に切り替え
※vncの設定にキーボード関連があるので「ja」を選択する
一応下記もインストール
apt install gnome-panel gnome-settings-daemon metacity nautilus gnome-terminal


※xstartup内

[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
x-terminal-emulator -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
x-window-manager &

gnome-panel &
gnome-settings-daemon &
metacity &
nautilus &


CPUマイニングは全体が重くなるのでしません。

残念なのはPCがIOMMU対応していないんですよね・・・
コレが出来ていればVMだけで使いまわせるのに

virt-host-validate実行結果
QEMU: 確認中 for device assignment IOMMU support : 警告 (No ACPI DMAR table found, IOMMU either disabled in BIOS or not supported by this hardware platform)

がでてくる。
posted by N-Ikku at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他